近年、以前にも増してブランディングが、企業価値を向上させる重要な手段として認識されるようになってきました。それは、益々生き残り競争が激しくなっている現代、小手先ではない、本質的な解決がブランディングに求められているからだと思います。ただ、実際にブランディングのお手伝いをしている中で感じるのは、ブランディングを必要としている企業様や地域、行政等が沢山あるにも関わらず、「ブランディングのプロフェッショナル」がいない、もしくは圧倒的に足りていないという点です。故にミスマッチングを起こして、本質的な解決に至っていない、そんな状況を垣間見ます。
グティでは「ブランディングディレクター」という役職を設けています。聞き慣れない言葉かもしれませんが、その定義を「ブランドをブランディング的成功に導く統括責任者」としています。
ブランディングディレクターはリサーチから戦略策定、CIの開発、タッチポイントの設計、そしてメンテナンスなど、非常に幅広い領域をカバーし、それぞれの専門家の力を統合していく役割を担います。
最後にメンテナンスがあるのが重要なポイントですが、ブランディングはロゴとかウェブサイトを作ってお終いではなく、そこをスタートにブランドを育てていくフェーズに入ります。つまり、ブランディングは終わりのないプロジェクトであり、その伴走者としての役割をグティは果たします。
私達は、ブランドとステークホルダーをグッと結ぶ、そして、現在のブランドと未来の成長したブランドとをグッと結ぶ、そんなミッションを達成し、企業、地域そして日本の価値向上に貢献していきたいと考えています。