4月といえば桜の季節、ということで昨日前橋の公園へ花見に行ってきました。生憎の曇り空でしたが、満開の桜、桜、桜、あぁやっぱり桜はいいもんだなぁと。日本で4月に入学やら入社やら新しいことが始まる理由はもしかしたら桜が咲くからかもな、なんて想像をしながら散策していると、ある花に目がとまりました。「侘助?」と思い近づいて見ると、やはり椿科の花「侘助」でした。花には全く詳しくありませんが、以前WABIKAブランドを立ち上げた際に、世界観やネーミングの参考にしたのが「侘助」でした。とはいえ、なかなかそこら中に咲いているような花ではないのでちょっと驚きつつ見渡すと、どうやら色んな種類の椿を集めたエリアになっているようです。へ〜と思いつつ中に入っていくと、薄いピンクの花が。近づいて、見て、目が覚めました。桜を見ればそれは美しいと思いますが、その類とも違う、衝撃にも似た「花の美しさに目を奪われる」という経験。それがこの花。


ご存知でしょうか。私は当然知りません。ただひたすら夢中になって写真を撮ってました、桜ではなく(笑)。その後調べてみたら「乙女椿」というそうです。学名は「Camellia japonica f. otome」。うーん、こんな綺麗に八重に咲く花ってあるんですね。知らなかったなぁ。桜を見に行って椿の思い出、春のセレンディピティ。